お問い合わせ
ご予約・見学は
こちら

OUR STORY私たちのストーリー

Green.aloとは

Green.aloの「alo」にはハワイ語のAlohaの文字から取っています。
Alohaには『豊かさ』という意味がこめられていて大人もこどもも豊かであることを当園の大切な価値観に置いています。

食育へのこだわり

食育の活動をされている料理家さんと共に私たちは「食卓」を大切にしています。
大人もこどもも笑顔で食卓を囲むことがこども達の豊かな心を育てることを知っています。
こどもにとってどんな物を食べるかにもこだわっておりますが
『どんな雰囲気で食事をするか』を最重要においています。

出汁の味を舌で
覚えてもらえるよう、
毎日お出汁を取り調理。

家庭料理を中心とした献立作成。
食材と調味料を合わせ、ソースやルー、ドレッシングなども全て手作り。
カラフルな野菜も取り入れ、目からも楽しめるよう彩りを工夫。
食事の基本である一汁三菜にて提供。
しっかりとした調味料を選び、食材の旨味を感じられる味付けに。

本物の体験を
サスティナブルな空間で

こども達の脳の90%は6歳までにほぼ完成すると言われています。

その大切な時期に子ども達が触れるもの、目にするもの、遊ぶものを一瞬、一瞬素晴らしいものにしたい。
その意識を持って、玩具や環境をひとつひとつ選んでいます。

  • アフリカで家具作りを教えていた大工さんと
    日本の森の木で作った木のロフト。“やりたいが始まる場所”

  • 隠れ家。
    “じっくり自分の世界を探究する場所”

  • SDGs未来都市
    鳥取県智頭町より提供いただいたスギの間伐材積み木。“ 何一つ同じ形はない“

  • 自然と会話や笑顔が生まれるバルコニー
    季節のものや家庭菜園などを子ども達と楽しみ、日常から食育を取り入れています。

  • SDGs未来都市
    机は子ども達の感性の豊かさをイメージして”アメーバ形”に。

創出者の想い

『こども達の本当の幸せを追求したい』
Green.aloができた原点です。

幼少期に出会う人、物 環境がとても大切だと思っています。
時には、将来に影響を与えるような体験をする場所でもあると思っております。
聞いたこと、教えられた事、やらされた事より、
自ら『体験』したことがこども達の心にしっかり残ります。
たくさんのお子様をみてきたからこそ、本当に大切なものだけに厳選しています。
たくさんの夢をいっぱい詰め込んで、未来へ羽ばたいていけるよう
愛を込めてアシストをしていきたいと思います。